自由民主党北海道連主催 TPPに関する情勢報告並びに懇談会

平成25年4月6日~8日、13日~15日におきまして自由民主党北海道連が主催しました「TPPに関する情勢報告並びに懇談会」を道内9か所にて行いました。
自民党がTPP交渉参加表明後、懇談の場を設けたのは初めてであり、全日程合わせて約2000人の皆様がご来場くださり、農業に対する強い思いの中議論が行われました。
本会の関連役員であります、
小里泰弘農林部会長、野村哲郎農林副部会長、
中谷元農林水産戦略調査会長、
西川公也TPP対策委員長、野村裕TPP対策副委員長が来道くださり、道連TPP問題対策本部長であります今津、各選挙区選出議員も出席し、情勢において懇談いたしました。

公約に記された「農林水産品における関税」、「自動車等の安全基準、環境基準、数値目標等」、「国民皆保険、公的薬価制度」、「食の安全安心の基準」、「ISD条約」、「政府調達・金融サービス業」の6項目関連及び「医薬品の特許権、著作権等」、「事務所開設規制、資格相互承認等」、「漁業補助金等」、「メディア」、「公営企業等と民間企業との競争条件」という党内議論において強い指摘がありました項目を含めた守り抜くべき国益について説明させていただき、今後は皆様より頂戴しています決議の内容が反映されるべく努力することをお誓い申し上げました。
また、多く意見があがっておりました情報不足の件におきましても、参加国に守秘義務がかかっているため現段階では限定的となっていますが、今後開示を求めていく所存です。

6日(土)
●6区旭川市
resize0565

resize0568
resize0571
●10区岩見沢市
resize0573
resize0574
7日(日)
●8区函館市
8日(月)
●7区釧路市

13日(土)
●12区稚内市
14日(日)
●12区北見市
●11区帯広市
15日(月)
●1区~5区札幌市



●9区苫小牧市