平成研究会メンバーにて訪中致しました

5月3日(日)から5月8日(金)にかけて、事務総長を務めております「平成研究会」にて額賀福志郎会長及び若手メンバー計17名で訪中致しました。
かねてより平成研究会(額賀派)は日中国交正常化時に首相であった田中角栄先生をはじめ、竹下登先生、橋本龍太郎先生、小渕恵三先生など歴代会長の指導により、中国との積極的な友好交流を継承してきたとの評価を頂いております。
今回の行程では日中友好協会会長の唐家セン(トウカセン)元外相やユー正声(ユーヨンジャン)人民政治協商会議主席ら要人とも北京で会談し、これまでの日中関係の経過や最近2度開催された日中首脳会談についての評価や安倍首相の歴史認識、戦後70年談話の内容についての中身のある意見交換が行われました。
随所において今後の日中間で行われる政府間交流と並行して平成研究会が果たす役割は非常に大きいとの期待が示されたのが印象的でありました。

以下詳細日程です。
5月
3日
夜  成都着
4日
午前 都江堰 視察
午後 2008年四川大地震被災地 視察
同  魏宏四川省長との会見・夕食会
5日
午前 武侯祠 視察
午後 天津着
同  天津濱海新区 視察
同  天津トヨタ工場 視察
同  肖懐遠天津市人民代表大会常務委員会主任との会見・夕食会
6日
午前 天津市都市発展企画展示館 視察
午後 北京着
夕方 唐家璇・中日友好協会会長との会見・夕食会resize0861resize0862
7日
午前 李幹傑国家環境保護部副部長との会見
同  李小林・中国人民対外友好協会会長との会見
夕方 大寺大使主催夕食会resize0859

resize08588日
午前 劉洪才・中共中央対外連絡部副部長との会見
同  兪正声・全国政治協商会議主席との会見resize0865

 

resize0864

同  在中華人民共和国日本大使館にて記者会見
resize0863

今回の訪中につきまして12日安倍総理へご報告し、額賀会長に対して慰労のお言葉をいただきました。