エネルギー

 

原子力発電所があって当然だ、という人は誰もいないと思います。できれば原発に頼らず、クリーンなエネルギーで暮らしていきたい、誰もがそう思っています。それを目標としながら、実現するまでの間、どうしていくのかを考えることが必要です。
 
例えば韓国の電気消費量は、日本の半分以下です。クリーンなエネルギーを設けようとすれば、今よりももっと高い電気料金となります。それが産業の発展にどう影響していくか、考えなければなりません。
 
原発に頼らない私たちの生活。何をどう順序立ててやっていくか、冷静に議論をすることが必要だと思います。