東日本巨大地震に思う―2―

がんばれ日本! がんばれ東北!

3月19日(土)

天皇陛下のおことば、被災者・国民を勇気づける

天皇陛下から被災者や国民に向けたビデオメッセージが発表されました。
 
陛下が国民に向け、ビデオでお気持ちを述べられるのは初めてということです。
被災者の無事・健康を案じられ、福島第一原発の事故に関し、活躍する自衛隊をはじめ、警察・消防・海上保安庁など関係者の努力に感謝し、ねぎらわれました。
被災者が希望をもって生き抜くことを願い、国民一人ひとりが被災者を温かく見守ることを願い、一言ひとことかみしめるようなお言葉に、全ての被災者の方々や全ての国民が勇気付けられたと思います。
陛下のお気持ちに私は感動し、心から感謝申し上げます。 
 
北海道の災害について、北海道東京事務所から連日報告をいただいています。
感謝いたします。
 
それによると
3月11日 15:30
北海道災害本部を設置。
以来、
3月15日までに本部員会議を5回、連絡員会議を2回開催
緊急消防援助隊、市町村消防隊、災害派遣医療チーム(北海道DMAT)、北海道警察、保健師、自衛隊、道警、海保などが対応。
被害を最小限に抑えるべく活動した。

被害状況については次の通り。(※以下17日報告書参照)

・被害状況
()人的被害 死者1(函館市1名:水死)
                         軽症3(恵庭市1名:非難時に転倒、
                                         函館市
1名:非難時に転倒、
                                        
苫小牧市1名:地震発生時に自宅階段から転落)
()住宅被害 床上浸水:355
                         (
函館市77棟、伊達市5棟、豊浦町15棟、浦河町2棟、
                         えりも町
20棟、様似町14棟、広尾町12棟、浦幌町1棟、
                         釧路市
111棟、厚岸町88棟、浜中町1棟、根室市9)
                         一部破損4
                        (
函館市2棟、木古内町1棟、えりも町1)
()道路   通行止め 国道・道道なし
()停電   全面復旧
()断水   全面復旧
()その他    ①北海道ガス:被害なし
  
       ②コンビナート被害なし、泊原発異常なし
     
      ③船舶・漁業被害
・市町村の状況
 
 避難指示・勧告:なし
・自衛隊の対応状況
()道から自衛隊への災害派遣要請
  
 311日   第7師団に毛布要請:日高町(200)、新冠町(300)
                                                                  浦河町
(500)、様似町(150)
                          第5旅団第27普通科連帯に毛布要請:白樺町(750)
                                                                                                釧路港へ
(70)
()陸自・北部方面隊の道外派遣状況
 
  315日 ・陸自としては初めて、隊員290名、車両約90台を米海軍
                          揚陸艦で部隊移動実施
(苫小牧港→青森港)
                        
・隊員6,600名、車両2,160両、ヘリ13機をもって岩手県
                          周辺で人命救助活動等を実施
     
316日 隊員約1,310名を道外派遣(計約7,910) 
    
317日 隊員約1,250名を道外派遣(計約9,160)
 
函館で死亡した67歳の男性は妻の遺影を護ると避難勧告を拒んだ為に亡くなりました。
悲しく辛い話です。
又、釧路市など13市町で計762戸が床上・床下浸水し、漁船などの沈没や浸水746隻、ホタテやカキなど養殖施設被害が延べ21漁協などで被害額は約3,330億に上がるようだ。
釧路市のフィッシュマンズワークMOAは地価の電気設備の復旧まで3~4ヶ月かかるようです。
品質の高さで全国に知られる厚岸のカキ養殖が、存続の危機に直面しています。
種ガキの確保すらも問題になっています。
又、避難指示、勧告が出された道内40市町村で指定された避難所などに非難した人は、対象住民約16万人のうち約16%の約20,064人にとどまったことが判りました。
今後は国、道は勿論、金融機関をはじめとする道経済界も全面的にバックアップし、一刻も早く、浜に賑わいが戻れるよう、全ての政策・力を結集しよう。
自民党道連も被害者の方々の要望に耳を傾け、復旧に全力をかける決意です。 
 
 
                You’ll never walk alone.
                 
どんなに離れていても一人じゃない。
                 
みんながいる。みんなで乗り越えよう。
                                          
 ―インテルミラノ 長友佑都選手