自民党有志議員によるマッカーサー記念室視察

平成24年7月18日(水)
自民党有志議員によるマッカーサー記念室の視察へ参加いたしました。
上視察は第一生命ご担当者皆様方のご厚意によって実現しました。

昭和20年9月15日、第一生命をGHQに引き渡し、その後6年10か月のわたり接収されます。
同21年、接収中の第一生命館には民政局が置かれ、2月4日から12日までのわずか9日間で日本国憲法の原型であるGHQ草案が作成されたと伝えられています。

日本が戦争に負け、占領されたその象徴でもあるマッカーサールームを訪れることで敗戦から今現在の成長、復興を思うと感慨深いものがあります。