北海道開発における平成28年度補正予算及び29年度予算

14022170_1059559064151582_8009454389567591780_n

北海道総合振興特別委員会におきまして、「平成28年度補正予算、平成29年度概算要求」について国土交通省北海道局より説明いただき討議致しました。 △高橋北海道知事より △飛田JA北海道中央会会長より △川島北海道建設業協会副会長より 平成28年度補正予算における北海道開発予算は平成27年度補正予算の18%増となる965億円が配分されることとなります。 一方、平成29年度予算においては要請に応えるため、第8期北海道総合開発計画等を踏まえ所要の予算を要求し、平成28年度当初予算より17%多い6,336億円とすることが決定されました。 また、重点事項は以下の通りです。 (1)人が輝く地域社会の形成 ・
...続きを読む

8月20日からの大雨による被害状況視察

東京行きをキャンセルし、8月20日からの大雨による被害状況の視察に行ってきました。 最初は上川総合振興局 渡辺局長と共にニュースにもなっていました、天人峡美瑛線の路肩決壊の現場へ。 幸いにもけが人はなく、孤立していた宿泊客90名も大型土嚢と式鉄板による道路拡幅で無事避難の完了もしており、現在は復旧に向けて作業を行っております。 次に東川 松岡町長と共に倉沼川の水量が増え決壊した為、被害状況の確認。 大豆畑や水田などに大きな被害があり、倉沼川の改修を急がなければいけないと実感しました。 その後、旭川市雨粉地区の後援会の方から被害が大きいとの連絡があり、すぐに状況の確認へ。 あさひかわ農協 白鳥組
...続きを読む

訪米のご報告

ワロップス2

4月30日~5月6日まで自民党宇宙総合戦略小委員長として訪米いたしました。 ワロップス射場を視察し、NSC、国務省、国防総省等の幹部・有識者との面談を行ってまいりました。 1.ワロップス射場 ワロップス飛行施設はヴァージニア州東部海岸に位置する施設でワロップス島とその周辺にまたがって存在しています。 NASAのゴダード宇宙飛行センターに運用されており、主にNASAやその他のアメリカ政府組織によって科学と実験のミッションを支える射場として利用されており、ワロップス飛行施設には多種多様な観測ロケット、小型の使いきり型弾道・軌道ロケット、科学機材を積んだ高高度気球などの運用を支えるために広い計測射場
...続きを読む