衆議院解散

9月28日、正午に開催されました臨時国会冒頭で衆議院は解散され、10月10日告示、10月22日投開票の選挙戦に突入致しました。
2019年に予定されている消費税引き上げによる社会保障費の使途を子育て・教育分野への転換、北朝鮮対応、憲法などが争点ですが、衆院選は政権選択選挙です。
現在の自公政権以外に、この難局を乗り切ることは不可能であり、ましてや、選挙の為だけに看板を変える政党に日本の安全と子供たちの未来を任せるわけには行きません。
『政権選択 今 ふるさとを守りぬく責任』をスローガンに全力で訴えて参ります。